HOME > ねこのひとりごと

ねこのひとりごと

自己責任
高校生になると、家庭でも社会でも少し大人扱いされます。自由の幅が広がり、学習面においても親が細々としたところまで口を出すこともなくなります。ですから自分を律することを要求されます。自由の裏には義務があり、自由を与えられるということは、逆に厳しくつらいものだとの認識が必要と思います。
高校生の方にわかって欲しいです。
2014/5/4(Sun)


一段落
公立高入試が終了しました。第二志望合格がひとりでましたが、他は全員合格でした。
まだ大学入試がのこっているので、ほっとする気にはなりませんが、とりあえず一段落です。
2014/3/19(Wed)


あと少し
公立高受験まであと10日、国公立大前期発表まであと5日。
なにかと落ち着かかない今日この頃です。
2014/3/2(Sun)


いよいよ
あと3日で国公立大2次試験です。ここまできたら何も言うことはありません。
風邪などひかず万全の体調で受験されることを願います。
2014/2/22(Sat)


合格発表
今年も順調です。すべり止めの私立大はもちろんAO,推薦入試も全勝です。
この調子で一般入試もいきたいものです。
2014/2/12(Wed)


受験の季節
いよいよ寒さも本格的になり受験の季節です。風などひいて後悔なきよう頑張っていただきたいと思います。
2013/12/17(Tue)


高校生
普通科高校生は、中学生より勉強しなければいけません。なぜかというと中学より遥かに勉強が難しくなりますし、進度も量も中学とは比較になりません。またより実社会に近く、頑張る怠けるで後の人生に直結するからです。ありとキリギリスではありませんが、この3年間は非常に大切な時間であることは言うまでもありません。
ただ親も高校生になるとあまり多くは言ってくれません。高校生なのだから自分で判断しなさい、との意味もあるでしょう。親があまりわからないということもあるでしょう。ですが人生においてもっとも重要な時期なのです。
姫路西高以上の生徒は周囲から感じ取れますが、それ以下の生徒にとっては、こんな当たり前のことが理解できない生徒が大多数です。
中三の受験時の初心にもどって自分を見つめなおしてほしいと願います。
2013/10/8(Tue)


あと10日
夏休みもあと10日です。
すでに高校によっては後期補習が始まっています。
受験生にとって大切な夏休みの貴重な時間、残り少ないですが、大切に使ってほしいと思います。
2013/8/22(Thu)


中学と普通科高校の違い
以前にもお話しましたが、公立中にはいろんな層の生徒がいます。
大体ですが、このうち上位20パーセントから30パーセントの生徒が進学校に進みます。彼らは中学時代においては勝ち組であり、高校入試において成功体験がありますから今までの生活を高校入学後も続けます。ここで問題なのは、彼らは中学時代勉強らしい勉強をしていないことです。中学では偏差値58以上の生徒なら勉強にストレスはかかりません。中学の内容が簡単だからです。
しかし中学と高校では学習の質、量とも全く比較になりません。姫路西高の三分の一近くが浪人する事実がすべてを表しています。
この層の生徒のなかでも、もっとも上の層、トップグループにいる生徒たちにも心配は及びます。彼らは、たいした苦労もせず学校の試験は90点前後以上ばかり取っています。塾でも学校の試験で点を取るだけならなにもすることはありません。余裕がありますから、部活も精一杯頑張り、まわりから褒められてばかりで、いくら甘く見るな、といったところで彼らの頭に残りません。中学時代に少しでも高校に入って役に立つ解法を教えようとしても、聞き入れてくれることはわずかです。
ただ塾にとって、こうした生徒に高校入学後の厳しさを示し、正しく導くことが最大の使命のひとつと考えています。99回伝えてだめなら100回目を伝えます。
当塾が高校部に力を入れている理由のひとつは中学生に進学高の生徒の学習姿勢、学習時間を見てもらいたいことでもあります。
2013/8/9(Fri)


早くも8月
月も替わって8月、夏期講習も佳境です。
あと10日でお盆、お盆過ぎれば夏休みは終わりです。
受験生にはこの限られた時間を大切にしてほしいと心から願います。
2013/8/2(Fri)


Page:[1][2][3][4][5]

管理用
-Diary-
QLOOKアクセス解析   
Copyright(c) 進学塾SI All Rights Reserved.